本当にできた!既婚サラリーマンがナンパでモテるまでの実録
    既婚サラリーマンが一人でナンパしてモテる男になる物語です。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    成功体験を捨てるべし!!
    リーマンナンパ研究者のタックンです。
    今日は自分の足かせになっている成功体験を
    捨て去ることについて、書きたいと思います。

    これは賛否両論あるかもしれませんが、今のところ、
    たっくんが出した自分なりの結論です。

    捨てなければいけない成功の記憶があるとすれば、
    それは何か?
    それを捨てて、前進できるのか?を考えたいと思います。
    早速いきます。

    たっくんが一番捨てなくてはいけない成功体験、
    それは、

    しょぼしょぼの死に番の数々

    です。
    たっくん、2013年1月から2014年7月現在までに、
    バンゲ総数が、51件。
    うわ、めっちゃすくな!!と思ったでしょw

    そうなんです。情けない限りですよ、まったく!

    で、少ないのはこの際よくて、今問題なのが、ほとんどが
    死に番ってことです。

    この中で、ブログで書いたとおり、3件のゲットがありました。

    1件は2013年12月に秋葉原で出会った準即女子。
    2件目は2014年1月、TAV購入早々渋谷で即った外人女子。
    3件目は2014年2月に秋葉原で即った外人女子。

    この3件しかゲットしていない・・・。
    で残りはというと、たまにメール続いたのが10件程度、
    残りは即死に番・・・あべし!!
    たまに続いた10件程度も続いてせいぜい1ヶ月。
    後はフェードアウト・・・ひでぶ!

    で、2014年7月現在、もはや、返してくれる女子なし・・・。
    おいおい、劇的に人気なさ過ぎんぞ、俺は!!!

    って感じなんですよ。
    しかも最近、バンゲも連れ出しもできてないし、
    たまに死に番に向かって、「元気?」とか「いきてるw?」とか
    うざメール送って、帰ってこずにむなし・・・。

    というのが続いてると、携帯に番号残しておくこと自体、
    悪い記憶を保持することにほかならん!
    と思ったのです。

    でね、たっくん、ナンパはあきらめてないんです。
    こういう結果を見ると、俺ってほんと、つまらんし、いけてないし、
    むしろきもい?とか自己嫌悪も入るんですが、
    だからここが最低だ、ここからあがるんだ、きっとできるんだ!
    と思い続けています。

    むしろこれが思えなくなったとき、終わるんだと思います。
    なので、ポジティブに前を向くためにも、死に番なんて、
    記憶からも携帯のメモリーからも消去してしまえ!
    と思い、消去を始めました。

    やっぱり部屋とおんなじです。いらないものは即捨てる。
    そうすれば新しいものが入ってくる。

    このブログに、念のため、名前だけでも残そうかと思いましたが、
    きれいさっぱり捨てることにしました。
    だって、一度しか話したことがない女子の名前を
    後生大事に記録しても、だからなんなの?ってなりますしね。

    というわけで、今後のポリシーとして、女々しく死に番を保持せず。
    食いつきが悪い女子は即切る。

    そして、次のもっとよい女子を見つけることに自分の人生を
    使うことにしました。

    死に番にもこつこつ、ジャブを打ち続けるほうが、いつかよみがえる、
    課も知れません。

    が、今のたっくんの場合、本当に死に番なはず。
    もう少しレベルが上がったときには、死に番にもこつこつ、
    ジャブを打ち続け、復活させることもやりたいですが、
    今はひたすら現状の改善につとめ、やくにもたたんことは、
    一切やりません!!!

    以上、たっくんの持論でした。
    今日もお読みいただき、まことにありがとうございました!
    スポンサーサイト

    テーマ:出会い・合コン - ジャンル:恋愛

    コメント
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。