本当にできた!既婚サラリーマンがナンパでモテるまでの実録
    既婚サラリーマンが一人でナンパしてモテる男になる物語です。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ナンパで怖い思いをした話 その2
    リーマンナンパ研究者のタックンです。
    今日はナンパでとっても怖い思いをしましたので、その話です。

    以前にもこのブログで怖いことがあったと書きましたね。

    ナンパで怖い思いをした話
    http://nanpakenkyusya.blog.fc2.com/blog-entry-39.html#more

    今回はこの話以上に強烈でした。
    正直、ナンパこえー、もうやめよかな・・・と思っちゃいました。

    でも、ナンパ師になるにはこういうリスクに対処できる腕も必要なわけで
    成長するために必要なプロセスと思ってます。
    なので、ナンパはやめませんw!!

    ただリスクを怖がるのではなく、読んで頂いているみなさんが
    僕の経験を読んで少しでもリスクを回避していただけたらと思います。
    興味がある方はぜひ、読んでくださいね!
    さて、今日の実録ですw

    場所は秋葉原。
    この駅はよく使っていて、今まで怖い思いなんてしたことないんですが、
    今日はやばかった・・・。

    いつものようにサクサクと声掛けしながら、
    ガンシカ&ちょっとなごみ&でもダメダメw!
    みたいな流れで10人くらいに声をかけたところでした。

    1人、物静かなアラサー?なもう少しで美女だがおしいwみたいな
    子がタックンの前を通りました。
    なんかいけそうwと思い声かけしました。

    たっくん:こんばんはw今かえるとこでしょw?
    女子:無言・・・・
    たっくん:そんなー、だまっちゃってー。冷たいな東京の人は!!
    女子:無言・・・・
    たっくん:てか、腹減りすぎてのども渇きすぎて餓死しそうなんで、
    女子:無言・・・・
    たっくん:どっかおいしいおみせ知ってたら教えてよw
    女子:無言・・・・
    たっくん:おいおいー、そんなに無言だとのどがかれちゃって
    ビール飲みたくなったでしょwビール飲みにいこうよw
    女子:無言・・・・
    たっくん:はいはい、わかったよ。俺の負けだからさwもう行くよ。
    女子:無言・・・・
    たっくん:あのさー、俺もがんばってるでしょwじゃあさー、
    じゃんけんして買ったら飲みに行くかw俺負けたら帰るよさっさとw
    女子:くすっ(お、笑ったw)
    たっくん:なに、笑ってんじゃん。俺もがんばったな~w
    なら、さくっと飲んで明日のこととか、いろいろはなそw

    てな感じで、笑いを頂き、ちょっとなごみ、無言でイヤホン耳に
    突っ込んでたのが、イヤホンを外し、こちらの会話に耳を傾けていたので
    行ける行ける!!と20分くらい並んで歩きながらトークを浴びせておりました。

    でもほとんど会話の返しがない・・・。
    たまにクスっと、笑って、居酒屋打診になびきそうな感じがするも、
    ひたすらLineに何かを打っている・・・。
    おいおい、この女子、こんなときに友達とおしゃべりしやがって!!
    と思いながら、押せ押せ!で会話をしていると、ちょっと不穏な空気が・・・。

    これ、野生の勘だと思うんだけど、なんか背中がぞくぞく、っとする感じ・・・。
    見渡すと、前方にがたいのよい男が視線を投げかけてくる・・・。
    交差点を挟み、信号待ち・・・。
    いやな予感・・・。
    いまだ信号動かず・・・。どきどき・・・。いまだこの女子を押すべきか否か・・・。
    信号が青に変わる瞬間、引けっ!!!退却!!!!
    との生存本能から来る一瞬の判断で、女子を背中に、ダッシュしておりました・・・。

    「待て、こら!!!」
    おいおい、やっぱり彼氏じゃねーか!!!

    久々にちょっとダッシュしたものの、何も悪さもしてないのに、
    街中ダッシュしてると自分が悪者みたいな、なんかひったくりしたみたいな
    感覚に陥り、情けなくなりました・・・。
    一瞬のダッシュと、複雑なルートを迂回してけむに巻くと、
    何もなかったかの如く、安全圏へ退避し、気持ちを落ち着け、帰路につきました。

    今回の件、正直、声かけた女子が悪質でしたね。
    いやならいやって言えよ~って感じ。性質が悪いのは、まんざらでもない、
    みたいな軽い笑みや、100回に1回のトークの返しがあったなど、
    楽しんでそうな雰囲気もあり、こちらの問いかけ中にずっとやっている
    Lineが彼氏への救援信号であることに気が付けませんでした。

    ナンパで出会う女の子がみんなやさしい!なんて思うのは危険で、
    悪質な女子なら彼氏との修羅場をしかけて、もしかして強いほうとってやれ!!
    みたいな、こちらからすると超迷惑な輩もいるってことですね。

    とくに社会人の既婚者の場合、彼氏ともめて殴り合いにでもなれば、
    シャツのやぶれもつくろえないし、何より会社にばれて大変なことに・・・
    なんてこともあり得るわけですね。
    そんなんなったら家族も悲しむわけです。
    リスクに対しては十分に気をつけること、どんなリスクが潜んでいるかは
    確実に知っておき、まずはリスクに近づかないこと、そして
    今回のように修羅場一歩手前まで来たら全力で回避することを
    徹底する必要がありそうです。

    この件があってから、ナンパ中の彼氏出現に対して、どんな対処が
    できるかを、いろんなブログで調べると、彼氏に対して堂々とでること、
    というスタンスが非常に多かったです。
    今回の場合はタックンは退却しましたが、退却しきれないときは、
    堂々と出られるよう、日ごろから胆力を鍛え、いざという時のために、
    肉体を鍛えておく必要がある!!!と強く思った次第です。

    一番の反省点は、行けそうと思って、長々と押しすぎたこと。
    そして、歩いているときにLineをずーっと使ってテキストを打っている、
    という不審行為に疑いを持たなかったことですね。
    かわいい顔の中に毒を仕込んでいる可能性もある、という点
    しっかりと心に刻みながら、それらをさらに乗り越えて強い男になり、
    ナンパをしていい女とやりまくるぞ!!と決意を新たにしました。

    今日のポイントは、そんなことがあっても、それでもナンパをあきらめない!!
    ですw。ポジティブに行きましょう!!

    今日もお読みいただき、誠にありがとうございました!
    スポンサーサイト

    テーマ:☆モテモテ☆になろう! - ジャンル:恋愛

    コメント
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。