本当にできた!既婚サラリーマンがナンパでモテるまでの実録
    既婚サラリーマンが一人でナンパしてモテる男になる物語です。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ナンパの原動力のはなし
    リーマンナンパ研究者のタックンです。
    今日はナンパしてみた話ではなく、タックンがなぜナンパをするのか、
    その原動力について、書いてみます。

    いろんなナンパ師さんのブログを見ると、実にいろんな
    理由でナンパを初めるもんだなーと、参考になりますよね?

    でもタックンの話は参考にならないかもしれないしw
    面白くないかもしれないんですが、モテないから、ナンパしたいんだ!
    もっとかわいい女の子とHしたいからナンパしたいんだ!!!
    という素直な男の方には、もしかして共感してもらえるかもしれないので
    読んでみてくださいねw
    なぜナンパをするのか?

    タックンの場合は非常にシンプルです。

    それは、今までに一度もモテたことがなかったから。
    モテたかったのに、モテることができず、悔しかったから。

    そして、いまだにその悔しさを引きづっているから。
    いつもかわいい女の子をみると、悔しさがこみ上げてくるから。

    こういう理由です。
    要するに、劣等感が強いんです。

    実はナンパ師の多くは、心に闇を抱えている、ということを誰かが
    言ったとか言わないとかw

    だって、普通に考えれば彼女はひとりいればいいじゃないですかw
    ましてや既婚者なのにナンパとかって、ほんと、社会通念上、
    おかしいでしょう!!

    それはわかっているんですね。
    でもそれ以上に、女性に対する劣等感って、本当に強くって、
    心をむしばむ最たるものなんです。とくにタックンにとっては。

    人それぞれ、こだわるところって違うじゃないですか。
    ある人は仕事に強いこだわりを、そしてある人は趣味に、
    ある人は宗教に、とか、ダンスにとか、本当に情熱を振り向けて、
    こだわるところが人それぞれあるんだと思います。
    その人にとって、大事な部分。

    タックンにとっては、女性にモテること、ちやほやされること、
    好きな子に告白できること、バレンタインにチョコを貰えること、
    告白した女の子と両想いになること、交換日記をしたり、
    学校帰りにデートに行ったり、夏祭りで花火を見たり、
    とか、そんな甘酸っぱい恋愛経験が、非常に大事な部分
    だったんだと思います。

    それらが、どれも満たされなかったし、それによって
    自分はダメなやつだと思っていたんですね。

    そんな劣等感があったもんで、勉強に逃げたり、
    スポーツやってみたり、趣味とか、男友達との遊びだったり、
    いろんなことを一生懸命やってみても、結局、モテることに
    つながらず・・・。

    仕事を通じて、会社の偉い人を見ても、この人仕事できるなー
    とは思っても、この人モテルなーとか、この人美女と
    やりまくりだなーwみたいな人があまりいなかったもんで、
    仕事を一生懸命やっても、モテる男にはぜったいにならない!
    ということに気付いた時、ナンパだよ、やっぱり、という
    ところに行きついたわけです。

    ちょっと飛躍しすぎたかもしれませんがw要するに、
    仕事を一生懸命頑張ってきたのも、全てはモテるため、
    それなのに、仕事はモテにはつながらない、という事実。
    なら、仕事を一生懸命やることは、目的達成の手段にはならず、
    ナンパという直接女の子を狩りに行く行為こそが、
    自分の求める姿に一番近い、というように考えたわけです。

    で、実は、会社に仕事ができて、美女とやりまくりな、
    すごい人もいたんですねw
    明らかに、系統が違うんです。仕事だけ頑張ってきた人と。
    なんか、男の色気というんですか。
    そういう色気をまとったおじさんを見てると、ナンパしてきてたんですw
    で、仕事も極端にできる。

    仕事ってすごい大事で、生活の糧だけでなく、人生そのものな部分も
    あるじゃないですか。一生懸命やってるときちんと結果につながるし。
    でどうせやるなら、良い仕事したいじゃないですか。
    仕事で行き詰ってもうちょっと成長したいな、どうすればできるのかな?
    と考えたときにも、これはもう、ナンパだな、と思ったんですね。

    ナンパってものすごくコミュニケーションスキルを上げることができると
    信じているし、女性を追い求めるのって、男の魅力でもありますよね。
    ただ追いかけるんじゃなくって、結局女に追い求められる魅力が
    必要になってくるんで、少しは努力もするじゃないですか。
    外見とか、オーラとか、会話とか、ファッション、流行に関する知識、
    心理学的なところとか、催眠術wに手品とかw

    いえいえ、タックンどれにも秀でておらず、全然できないんで
    ナンパ成功してもいませんが、でも、やっぱり現状よりも一段も二段も上の、
    「男力(おとこりょく)」をつける必要があるな、って思うわけです。
    男力がつくと、仕事のレベルが二段くらい上がるのは、これもう、
    なんとなくわかるんですね。
    話の威力と立ち振る舞いの存在感が違うと、それだけで仕事の力は
    相当あがるんで。

    ちょっと長くなりましたが、最初の原動力が恋愛ダメダメな自分に対する
    劣等感でした。
    その次に仕事の壁を超えたいという悩みで、それを超えさせてくれるのが
    ナンパなんだ!!っていう自分なりの答えでした。

    こんなところにタックンがナンパする原動力があるんですね。

    もしナンパを始めたいと思っている方がいるとすれば、
    「なぜナンパなのか?」という根本の問いから始めると、
    ちょっとめげたときにもぶれない強さがみにつくのでは??って思います。

    ご参考になれば幸いですw
    今日もお読みいただき、誠にありがとうございました!

    P.S.実はおんなじような話、このブログに書いてましたw
    ナンパをしてみたいあなたへ
    スポンサーサイト

    テーマ:☆モテモテ☆になろう! - ジャンル:恋愛

    コメント
    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。